褒め上手を目指す

コミュニケーションをより楽しいものへと変えるテクニックの1つが「褒める」ことにあります。多くの人が褒められたら嬉しく思うものですし、その褒め言葉がきっかけとなって新たな会話が発生することもありますので、褒めスキルは身に付けておきたいところです。へそ曲がりな考え方をしている人だと、褒め言葉を皮肉っぽく感じてしまうかもしれませんが、褒めてくれた人が嫌いになるということはあり得ません。上手に褒めていくようにしましょう。

ただし、褒め方が下手だと、良かれと思って選んだ言葉が相手の心にぐさっと刺さることもありますので注意が必要です。たとえば身体的特徴を褒めるのは避けた方が無難です。もしも背が低い人が相手だった場合、「背が小さくて可愛らしい」と褒めるべきかどうかは微妙です。その相手が身長の低さをコンプレックスに思っていることもあり、そうだとすると褒められているのかけなされているのか、複雑な言葉になってしまいます。

服装が似合っているなど、ポイントをついた褒め方をしていくようにしましょう。また、嘘をつくことはNGです。思ってもいないことを口走ってしまうと、それだけで言った本人も気負いしてしまい、緊張が更に高まることになり、失敗が訪れることになりますので注意しましょう。